PCR検査をすると医療崩壊が起こる。早期発見しても意味がない。というデマについての考察

ブログ内検索

PCR検査をすると医療崩壊が起こる。早期発見しても意味がない。というデマについての考察

2020-04-03

PCR検査をすると医療崩壊が起こる!
早期発見しても意味がない!
という発言をする人がいます。

例えば村中氏は

このように発言しております。
しかし、実際には韓国は医療崩壊しておりません。

また、彼女はなぜ「検査、検査、検査」なのかーPCR検査を考えるでも、PCR検査は受ける側のメリットはない。と言っております。

反対に私は、

PCR検査を受けると、その後の行動にも選択肢が広がったりするなどのたくさんのメリットがある

ブログに書いてきました。

実際のところ、何が正しくて何が間違っているのでしょう?

PCR検査の誤解

韓国はPCR検査をたくさんしたから医療崩壊したという人がおられます。
例えば、有本香さんと竹田恒泰さん。
【DHC】2020/3/26(木) 有本香×竹田恒泰×居島一平【虎ノ門ニュース】

23:40~ 有本さんは、「CTをしたうえでPCR検査をするのが当たり前で、PCR検査を先にするのは間違い。」と言っております。
24:40~ 竹田さんは「PCR検査をやりまくって大失敗こいたのが韓国」「PCRの精度が悪い。50%くらいしか出ない。
26:15~ 有本さん「4人分の検体をまとめて検査している。韓国は検査パニックが起きている。」

などどいっておられますが、これらはすべてデマです。
ちなみに、20:20~で、 竹田さんはPCR検査を「PRC検査」って言っちゃってます。
これくらいヤバい素人が、たくさんの人を知ったかぶりで煽っているわけですね。

では、どこが間違っているのかを解説していきます。

PCR検査を先にするのは間違い。はデマ

例えば、自衛隊中央病院では、DP号の患者を受け入れていましたが、それらの患者は、
PCR検査で陽性=111/112 で陽性率 99.1%です。
一方、CTスキャンでは、67.0%しか肺炎が見られておりません。
新型コロナウイルス感染症(COVID-19)について
よって、PCR検査で感染を確認後、CTスキャンを行う。というのがより正確な診断方法となります。
CTスキャンで肺炎を確認してからだと、20%以上の人の感染を見逃すこととなります。

実際に、阪神の藤浪選手や宮藤官九郎氏などはCTではなく、PCRで陽性が確認されております

また、五本木クリニックの院長ブログでは、【新型コロナウイルスのPCR検査】感度だけじゃなく、特異度も考えないとダメ。
というタイトルで、

新型コロナ診断にはPCRよりCTが有用「Correlation of Chest CT and RT-PCR Testing in Coronavirus Disease 2019 (COVID-19) in China: A Report of 1014 Cases」より。まあ、CTもそれなりに問題のある検査ですけどね。

と言ってます。
このA Report of 1014 Casesという論文については、私がPCR検査の感度や精度は30~50%や70%だというデマの出所の論文を読んでみたでちゃんと論文を読んでRNAの保存や運搬、抽出方法が問題であることを解説しております。

日本放射線学会は、COVID-19に対するCT検査は慎重にという声明を出しております。

PCRの精度が悪い。はデマ

竹田さんは、おそらく、PCRの原理については全く理解しておりませんし、PCR検査の感度や精度は30~50%や70%だというデマの出所の論文を読んでみたで私が指摘した人の意見を鵜呑みにしちゃっているだけだと思います。

もし、PCR検査の精度が悪く精度が50%しかないのなら、現在の日本においても50%の人を見逃しているということになっているので、そこに疑問を持たない竹田さんはおかしいと思います。

また、たくさんの人がこの「PCRの精度が悪い」というデマを信じ込んじゃっております。

こういうデマの元を作った坂本氏は本当にダメだと思います。

複数人をまとめて検査するのはおかしい。はデマ。

PCR検査では、陽性か陰性かが99%以上の確率で容易にわかります。

そして、

4人分の検体をまとめてチェックし、もし、そのまとめたものに陽性反応が出たら、再度4人分の検体をそれぞれ調べなおす
という手法は良く行われております

例えば、100人中1人しか感染者がいない場合は、一人ひとりチェックすると100回分のチェックが必要となります。
これを10人分まとめて10回チェックした場合10人まとめたサンプルのうち、一つのみが陽性となります。
あとの9つ(90人)は陰性となります。
陽性となった10人分を一人ひとりチェックすると、誰が陽性なのかがわかります。

この手法を用いると、最初の10回(1回10人分)+ 最終チェックの10人分の20回のチェックで済むわけですね。
こうすると、80回ものPCRチェックを省略できちゃうわけです。
なので、韓国は効率よく患者を見つけ出すことができました。

PCR検査をしすぎて韓国の医療が崩壊した。はデマ。

実際、韓国は医療崩壊せずにPCR検査をたくさんの人に行い、今ではかなり感染者数を抑えることに成功しております。
ちなみに2020.4.2 時点での
韓国の 死者数/感染者数 は 165/9,887 = 1.6%です。
日本の 死者数/感染者数 は 57/2,178 = 2.6%です。
日本のほうが生存率は低いわけです。
【襲来!新型コロナウイルス】「医療崩壊」は真実か? 海外メディアは「韓国がモデルケース」と大注目!(井津川倫子)のなかでも、米ワシントンポスト紙が「韓国方式はサクセスストーリー」と述べていることが書かれています。

まあ、実際に、

今の韓国は医療崩壊してない

ので、どちらが正しいかなんて誰でもわかりますね。


※もちろん、ホテル待機でもいいです。

人間を隔離する場合には、きちんとした補償が必要です。

院内感染しないようにPCR検査をしない。はデマ。

CT検査をし、患者に感染が確認されればその消毒などに最低2時間はかかります。
よって、一日でチェックできる量はCT一台当たり、20人程度です。
しかしながら、PCR検査では一台のPCRで一回20人チェックできるとしても100人は可能です。
PCR装置が複数台あればもっとたくさんの人をCTスキャンよりも高い精度でチェックできます
また、

検体からの採取も含めて30分程度」で陽性かどうかを判断できるスマートアンプ法なども使用され始めているので、検査スピードや確実性は断然PCRの方が有利となっております。

新型コロナウイルス PCR検査 時間短縮の最新機器を公開
陰性一致率100%、陽性一致率90%以上として結果が公表されました
そして、なにより、ウイルスはRNA抽出を行うと感染の能力がなくなるので、作業する人も安全になります。
逆にCTでは、患者はウイルスをずっと出し続けるため、どんどん汚染が広がります。

CTを使用しろ!汚染を広げないようにPCR検査をするな!と言っている竹田氏などは、汚染を広げながらCT検査をしている。という矛盾に気付いてません。

PCR検査をしない

無症状の人を野に放つ

2週間後に感染者続出

感染者数に伴って確率的に重症者が増える

医療崩壊 

です。

もし、藤浪選手に対し、「重症じゃないから」という理由で「PCR検査」をしなければ、野球選手がたくさん感染していた可能性があります。
現に、梨田監督はここから感染したのかもしれません。

今までは「濃厚接触者で陽性だった人は無症状の人でも全員入院」させていたから感染者がそんなに増えませんでした。
濃厚接触者をきちんと把握できていたから、何とかなっていたのです。

でも、今は感染経路不明の陽性の人が続出しているわけです。

そうなると、市中には無症状の陽性患者がたくさんいるわけです。
この人らがどんどん感染者を増やしていくから、もう追跡もできずにイタリアと同じ道を辿るだけになっております。
今からなんです。
今はまだ、登山でいう3.5合目あたりなんです。

感染が確認されると軽症でも感染病床で隔離しなければならない。は、デマ

今現在の日本では、陽性と判定された人は全員病院に隔離されております。
この隔離は治療のためではなく、他者にうつさないようにするための隔離です。
なので、実際には、隔離さえしていれば病院じゃなくてもいいわけです。

しかし、「陽性なら症状に関係なく全て入院させなければならない」と考えている人が多いようです。

大阪市や東京都は最近、病床が埋まることを懸念して、無症状、軽症の新型コロナ陽性者に対しては、ホテルなどでの隔離を考えているようです。
東京コロナ感染者急増で五輪選手村「隔離」使用なら事故物件?
ちなみに、私はダイヤモンドプリンセス号の時からホテルなどでの隔離を推奨していました。

早期発見のメリット 20200407追記

新型コロナウイルスの感染を早期に発見することのメリットを書いておきます。

不安が解消する

まず第一に不安の解消があります。
・私は新型コロナウイルスに感染しているんだろうか?
・感染していたらどうしよう?
・なんで検査をしてくれないんだ?
という不安が解消されます。

私は見捨てられていないという安心感はものすごく大事です。

次の行動の計画が立てられるようになる

もし、新型コロナウイルスに感染していたら軽症や無症状の場合でも他人にうつしてしまう可能性があります
自分のおじいちゃんおばあちゃんに感染させてしまい、おじいちゃんおばあちゃんが亡くなってしまったら一生後悔することでしょう。
また、自分を隔離することによって子供へうつす心配もなくなります。
子供が感染していた場合もきちんと対応することができるでしょう。
また、新型コロナウイルスに感染すると、数時間で容体が悪化することもあります。
この場合、予め新型コロナウイルス陽性だとわかっているのであれば、病院ですぐに対応してもらえるでしょう。

医者が感染し、医療崩壊が起こることを防げる

新型コロナウイルスに対して、一般市民はどうしたらいいのか?を書いてみた。にも書きましたが、新型コロナ外来や発熱外来の設置によりきちんと検査が行われていた場合、陰性だと確認してから病院に行くことができます
こうすることで、お医者さんにうつしてしまい、病院ごと閉鎖なんていうことが無くなります。

日本の現状は、感染者が直接病院に行ってしまい、お医者さんを感染させることによって医療崩壊が起きちゃっています。

熱が高いと不安で病院に行く

保健所に行けといわれる

医者に行けといわれる

診てくれない

医者を転々とする

こうなることで、たくさんのお医者さんを感染させてしまう可能性があるのです。

新型コロナウイルス以外の病気であった場合、苦しむ時間が少なくて済む

現在は熱が高いと診てくれないお医者さんが出てきております。
その結果、新型コロナウイルス以外の病気であった場合、重症化することもあり得ます。
自分が新型コロナウイルスであるかどうかを確認しておくことは、お医者さんも守ることになります。

新薬などが投与可能になるかもしれない

たくさんの治療薬候補が出てきておりますが、そのほとんどが、ウイルスの侵入を防いだり増殖を防いだりする薬です。
(詳しくは新型コロナウイルスの感染のしくみとお薬などについて書いてみたをご覧ください。)
重症化してからでは効果が見られない可能性がありますので、早期発見は必須となるでしょう。

山中伸弥さんからの提言

山中伸弥さんから、5つの提言が出されました。
私の言っていることとほぼ同じなので、ご一読ください。


PVアクセスランキング にほんブログ村


コメント


  1. 堀英明

    私は生理学・生化学を研究していましたので、いいな様の主張にはほぼ賛同しながら読ませていただいております。そこで一つ疑問があるのですが、最近、プライマーの設計が悪いという主張(下記など)が見られるようになりましたが、いいな様はどうお考えでしょうか?

    【松田学】新型か土着型か?ある臨床医と生物学者が見た、「日本コロナウイルス」とPCR検査の落とし穴

    Reply



  2. 小谷岳生

    記事ありがとうございます。地方大学教員(素人)です。
    人災の要素が大きいですね。
    本来なら韓国並みのこともできたはずだと思えました。

    10000人の大学なら100ブロックにわけて、毎週検査して、
    出たところは全体責任で自宅待機、みたいなことも可能なようにも思えました。
    検体採取をなんかは医者がやらなくていいということですし。

    Reply



  3. moo

    「不安が解消される」というのは間違いでしょう。陰性結果にはさほど意味がありません。「過去は陰性だった」という結果でしかないですから。今の状態はわからないわけです。社会活動していれば感染の危険はどこにでもある。安心して油断させるのは危険だと思います。検査は陽性者を探し出して感染経路を追跡して対策するためのものだと思います。

    Reply



    • iina-kobe

      PCR検査を受けた人はたとえ陰性でも2週間の自宅待機を厳守させないとPCR検査の意味はありませんよ。

      Reply


コメントを残す

*

PAGE TOP

更新通知

メールで更新情報をお届けします。メールアドレスを入力し「フォロー」ボタンを押してください。

にほんブログ村 ニュースブログ ニュース感想へ
新着コメント



株式会社iina

〒650-0011
兵庫県神戸市中央区下山手通1丁目1-5
フジヤビル7F

メニュー

運営元情報




MENU
HOME